高血圧症は生活習慣の悪化や疾患が原因! > ノルバスクで血圧を下げよう!

ノルバスクで血圧を下げよう!

高血圧の方の血圧を下げることを目的に処方される薬がノルバスクです。
ノルバスクはカルシウム拮抗剤に分類される薬です。
カルシウムには血圧を上昇させる作用がありますが、カルシウムは人にとって必要なミネラルの一つです。
カルシウムが血圧を上昇させるのは、血管の受容体との結合によるものです。
ノルバスクはカルシウムと受容体の結合を阻害する働きをもっているので、血管が拡張して血圧を下げることができます。

ノルバスクは服用してから効果が現れるまでの時間が緩やかなので、即効性がある薬ではありません。
なので緊急で血圧を低下させたい場合には不向きな薬だと言えます。
ノルバスクを服用後から約6時間前後で、もっとも血中濃度が高くなります。
効果の半減期が35時間程度とされているので、効果が長期持続します。

ノルバスクの副作用としては、ほてりや眩暈、ふらつきや頭痛などがあります。
ただ、ノルバスクは副作用が出る可能性が低い薬で、一番発生率が高いほてりでも1%に満ちません。

ノルバスクを服用する時は、飲み合わせに注意する必要があります。
別の病気の治療で使用している薬との併用は、その薬の効果がなくなったり逆に効きやすくなる可能性があります。
一般的にカルシウム拮抗薬はグレープフルーツの成分によって効果が高くなるので、急激な血圧の低下にも注意しましょう。
しかし、ノルバスクはグレープフルーツの影響をアダラートほど受けません。
それでも全く影響がないわけではないので、避けた方が無難と言えるでしょう。
実際にノルバスクを服用する際は、薬の添付文書に同時使用の禁止について注意書きがされているはずです。
医薬品は用法容量を守って服用することで、はじめて効果が発揮されるのでしっかり守りましょう。